Special Lecture in Applied Biology II
応用生物科学特別講義U
 
【授業概要】
ねらい:行動生態学における最新の研究成果を紹介します。
テーマ:配偶競争, 精子競争, 雌雄の対立, 捕食関係, 寄生関係, 分散
授業の方法:PowerPointで作成した資料を用いて講義します。同様の内容の資料を配布しますが、一部空欄になっているので講義中に書き込んで下さい。
開講日:2007年2月8—9日(集中講義)
【テキスト】
講義中に配布する資料。を農工大学内に公開しています。
【成績評価の方法】
方法:レポート。詳細は下記に示します。
【その他】
講師の専門分野:進化生態学・動物行動学・保全生物学
【参考書】
・ベゴン M生態学:個体·個体群·群集の科学』堀道雄·監訳. 京都大学学術出版会.
・長谷川真理子行動·生態の進化』岩波書店
・松田裕之『環境生態学序説』共立出版.
・松本忠夫『生態と環境』岩波書店.
・酒井聡樹生き物の進化ゲーム』共立出版.
・嶋田正和動物生態学』海游舎.
【レポート課題】
 以下のテーマから2つ選び、講義で紹介した以外の具体例をそれぞれ500〜1000字にまとめよ。
  1. 性選択のコスト
  2. 交尾後選択
  3. 捕食者と被食者の共進化
  4. 宿主と寄生者の共進化
  5. 分散力の短期的進化
提出先:講義資料の示したメールかFAX。
※フリーメールはSPAMフィルタにかかりやすいので、できるだけ大学でもらったアカウントで送付すること。

提出期限:2007年2月17日
※早めに提出してもらうと助かります。

教養教育 個体群生態学 生物統計学 科学の世界
研究室 動物生態ゼミ 文献講読 農工大ゼミ 社会生物学 参加大会

廣田 忠雄 @ 山形大学 理学部 生物学科 生物多様性大講座