研究業績

Our papers and activities.

  • last: 2015/04/13

    論文

    Chiba, S. N., Kakehashi, R., Shibukawa, K., Mukai, T., Suzuki, Y., and Hanzawa, N. (2015). Geographical distribution and genetic diversity of Gymnogobius sp.“Chokai-endemic species”(Perciformes: Gobiidae). Ichthyological Research 62(2), 156-162.

    半澤 直人. (2014). エチゼンクラゲの遺伝的集団構造と分散. 日本プランクトン学会報 61(2).

    Imoto, J. M., Saitoh, K., Sasaki, T., Yonezawa, T., Adachi, J., Kartavtsev, Y. P., ... and Hanzawa, N. (2013). Phylogeny and biogeography of highly diverged freshwater fish species (Leuciscinae, Cyprinidae, Teleostei) inferred from mitochondrial genome analysis. Gene 514(2), 112-124.

    Gotoh, R. O., Tamate, S., Yokoyama, J., Tamate, H. B., and Hanzawa, N. (2013). Characterization of comparative genome‐derived simple sequence repeats for acanthopterygian fishes. Molecular ecology resources, 13(3), 461-472.

    Gotoh, H., Hirawatari, K., Hanzawa, N., Miura, I., and Wakana, S. (2012). QTL on mouse chromosomes 1 and 4 causing sperm-head morphological abnormality and male subfertility. Mammalian Genome, 23(7-8), 399-403.

    Goto, T. V., H. B. Tamate and N. Hanzawa. (2011). Phylogenetic characterization of three morphs of mussels (Bivalvia, Mytilidae) inhabiting isolated marine environments in Palau Islands. Zool. Sci., 28(8): 568-579.

    Gotoh, R. O., S. N. Chiba, T. V. Goto, H. B. Tamate and N. Hanzawa. (2011). Population genetic structure of the striped silverside, Atherinomorus endrachtensis(Atherinidae, Atheriniformes, Teleostei), inhabiting marine lakes and adjacent lagoons in Palau: marine lakes are "Islands" for marine species. Genes and Genetic Systems, 86: 325-337.

    Kodera, H., R. Takeuchi, Y. Uchiyama, Y. Takakusagi, K. Iwabata, H. Miwa, N. Hanzawa, F. Sugawara and K. Sakaguchi. (2011). Characterization of marine X-family DNA polymerase and comparative analysis of base excision repair proteins. Biochem. Biophys. Res. Com., 415: 193-199.

    Saitoh, S., H. Suzuki, N. Hanzawa and H. B. Tamate. (2011). Species diversity and community structure of pelagic copepods in the marine lakes of Palau. Hydrobiologia, 666(1): 85-97.

    Hanzawa, N., Chiba, S. N., Miyajima, S., Yamazaki, A. and Saga, N. (2010). Phylogenetic characterization of marine bacteria that induce morphogenesis of the red alga,Porphyra yezoensis. Fish Genetics and Breeding Science, 40(1): 29-35.

    向井 貴彦,渋川 浩一, 篠崎 敏彦, 杉山 秀樹, 千葉 悟, 半澤 直人. (2010). ジュズカケハゼ種群:同胞種群とその現状. 魚類学雑誌 57(2): 173-176.

    Chiba, N. S., Y. Iwatsuki, T. Yoshino and N. Hanzawa. (2009). Comprehensive phylogeny of the family Sparidae (Perciformes: Teleostei) inferred from mitochondrial gene analyses. Gene. Genet.Syst., 84: 153-170.

    Gotoh, R. O., Sekimoto, H., S. N. Chiba and N. Hanzawa. (2009). Peripatric differentiation among adjacent marine lake and lagoon populations of a coastal fish, Sphaeramia oricularis (Apogonidae, Percifirmes, Teleostei). Gene. Genet. Syst.,84: 287-295.

    Kartavtsev, Y. P., S. N. Sharina, T. Goto, A. N. Chichvarkhin, A. A. Balanov, K. A. Vinnikov,V. N. Ivankov and N. Hanzawa. (2008). Cytochrome oxidase I gene sequences analysis in six flatfish species (Teleostei, Pleuronectidae) of Far East Russia with inferences in phylogeny and taxonomy. Mitochondrial DNA, 19: 479-489.

    Kuriiwa, K., N. Hanzawa, T. Yoshino, S. Kimura and M. Nishida. (2007). Phylogenetic relationships and natural hybridization in rabbitfishes (Teleostei: Siganidae) inferred from mitochondrial and nuclear DNA analyses. Molecular Phylogenetics and Evolution, 45: 69-80.

    Sasaki, T., Y. P. Kartavtsev, S. N. Chiba, V. V. Sviridov, and N. Hanzawa. (2007). Genetic divergence and phylogenetic independence of Far Eastern speciesin the subfamily Leuciscinae(Pisces: Cyprinidae) inferred from mitochondrial DNA analysis. Genes and Genetic Systems, 82: 329-340.

    書籍

    Naoto Hanzawa, Ryo O. Gotoh, Hidekatsu Sekimoto, Tadasuke V. Goto, Satoru N. Chiba, Kaoru Kuriiwa and Hidetoshi B. Tamate. 2012. Analysis of Genetic Variation in Animals Chapter6. InTech. 121-150.

    工藤 創, 渡辺 葉平, 我妻 有実, 半澤 直人, 原 慶明. 西田 睦編. (2009). 海水湖(閉鎖海洋系)における海洋生命系の固有進化.海洋生命系のダイナミクスシリーズ.第1巻.海洋の生命史.第16章. 東海大出版会. 東京.

    半澤 直人. (2009).絶滅危惧種生物の実態.Mahoroba.第2巻.アートコミュニケーション.東京.P35.

    学会発表

    白熊拓也, 後藤亮, 半澤直人.(2014) パラオ海水湖群に生息するテンジクダイ科ワキイシモチ集団の形成過程と遺伝的分化. 日本動物学会第85回仙台大会 .東北大川内北キャンパス .仙台.

    井元順一, 宮下舞香, 後藤亮, 奥泉和也, 新里宙也, 佐藤矩行, 半澤直人.(2014) 新たな鉢虫綱クラゲ類ミトゲノムデータを加えた刺胞動物門Medusozoaの包括的分子系統解析. 日本動物学会第85回仙台大会. 東北大川内北キャンパス .仙台.

    上遠野拓也, 船橋杏奈, 後藤亮, 奥泉和也, 曲憲成, 上真一, 半澤直人.(2014).ビゼンクラゲ科 Ropilema esculentumの系統的位置および分類学的再検討. 日本動物学会第85回仙台大会. 東北大川内北キャンパス. 仙台.

    船橋杏奈, 後藤亮, 井元順一, 奥泉和也, 半澤直人.(2014). パラオ産ミズクラゲ属2種のミトコンドリアゲノム構造. 2014年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会-自由集会. 広島大東広島キャンパス. 東広島.

    後藤亮, 船橋杏奈, 中井祐佳, 半澤直人.(2014). パラオ諸島海水湖に生息するミズクラゲの1種 Aurelia sp.4集団の進化的特性. 日本進化学会第16回大阪大会. 高槻現代劇場. 高槻.

    船橋杏奈, 後藤亮, 井元順一, 奥泉和也, 半澤直人. (2014). パラオ産ミズクラゲ属2種のミトコンドリアゲノム構造比較. 日本進化学会第16回大阪大会. 高槻現代劇場. 高槻.

    宮下舞香, 後藤亮, 井元順一, 奥泉和也, 新里宙也, 佐藤矩行, 半澤直人.(2014). パラオ産タコクラゲMastigias sp.のミトコンドリアゲノム構造. 日本進化学会第16回大阪大会. 高槻現代劇場. 高槻.

    今井悠二, 松本悠貴, 田邉彰, 小出剛, 半澤直人.(2014). 野生由来ヘテロジニアスストックマウスを用いて明らかにするジアゼパム抗不安効果の遺伝的多様性. 第61回実験動物学会総会. 札幌コンベンションセンター. 札幌.

    平渡啓太郎, 半澤直人, 三浦郁夫, 若菜茂晴, 後藤英夫.(2014). 精子形態異常多発B10.MOL-TEN1系統の遺伝解析. 第61回実験動物学会総会/札幌コンベンションセンター. 札幌.

    Funahashi, A., T. Kadono, R. O. Gotoh, J. M. Imoto, K. Okuizumi, N. Satoh and N. Hanzawa.(2014). Analysis of mitochondrial genome of N. nomurai and development of new gene markers from the data. 11th China-Japan-Korea International Jellyfish Workshop, Xi'an, China.

    大井章豊, 住倉英孝, 勝呂尚之, 半澤直人, 安藤元一, 小川博, 佐々木剛.(2013). 相模川水系と金目川水系におけるアブラハヤの集団構造とその攪乱の可能性. 2013年度日本魚類学会年会. 宮崎観光ホテル. 宮崎.

    半澤直人.(2013). エチゼンクラゲの遺伝的集団構造と分散. 東京大学大気海洋研究所共同利用シンポジウム―クラゲ類の生態学的研究の最前線. 東京大学大気海洋研究所. 柏.

    半澤直人, 後藤亮, 奥泉和也, 望月翔太, 上遠野拓也, 船橋杏奈, 中井-相馬祐佳.(2013). 招待講演「バイオリソースセンターとしての水族館の重要性―パラオ海水湖群に隔離されているクラゲ類の進化遺伝学的研究を例として」.東京大学大気海洋研究所共同利用シンポジウム―水族館との共同研究. その現状と、将来展望に期待を込めて. 東京大学大気海洋研究所.柏.

    井元順一, 伊藤-関本綾, 柴田清孝, 佐々木剛, 玉手英利, 半澤直人.(2013). ミトコンドリアおよびマイクロサテライトマーカーに基づくウケクチウグイTribolodon nakamuraiとその近縁種の集団解析. 2013年度日本魚類学会年会. 宮崎観光ホテル. 宮崎.

    中村洋輔, 川村勇樹, 奥泉和也, 半澤直人, 中内祐二.(2013). 日本産ミズクラゲ遊泳筋細胞の超微細構造とCa2+感受性. 日本動物学会第84回大会. 岡山大学. 岡山.

    兼松悠, 川村勇樹, 奥泉和也, 半澤直人, 中内祐二.(2013). 日本産およびパラオ産ミズクラゲ3種間における刺胞形態と構成タンパク質の比較検討. 日本動物学会第84回大会. 岡山大学. 岡山.

    奈良有華, 半澤直人.(2013). パラオ諸島のイガイ科貝類2系統の分布. 日本動物学会第84回大会. 岡山大学. 岡山.

    船橋杏奈, 後藤亮, 井元順一, 奥泉和也, 半澤直人. (2013). パラオ産ミズクラゲ属2種のミトコンドリアゲノム構造比較. 日本動物学会第84回大会. 岡山大学. 岡山.

    後藤亮, 半澤直人. (2013). 比較ゲノムによる汎用的マイクロサテライトマーカーの開発. 日本動物学会第84回大会. 岡山大学. 岡山.

    上遠野拓也, 後藤亮, 曲憲成, 奥泉和也, 上真一, 半澤直人.(2013). ビゼンクラゲ科 Rhopilema esculentum 種群の遺伝的分化および分類学的考察. 日本進化学会大会. 筑波大学. つくば.

    後藤亮, 半澤直人.(2013). 比較ゲノムによる相同的マイクロサテライト座位の同定および進化的考察. 日本進化学会大会. 筑波大学. つくば.

    平渡啓太郎, 半澤直人, 後藤英夫.(2013). 繁殖低下症を示すB10.M系統マウス精子のコメットアッセイによる機能的解析. 第60回日本実験動物学会大会. つくば国際会議場. つくば.

    Gotoh, R. O., J. M. Imoto, T. Hasegawa, M. Toyokawa and N. Hanzawa.(2013). Search of giant jellyfish larva using plankton and benthos metagenome. 10th Korea-China-Japan International Jellyfish Workshop, Seoul, Korea.

    Imoto, J., A. Ito-Sekimoto, H. Sekimoto, K. Shibata, M. Takahama, T. Sasaki, H. B. Tamate and N. Hanzawa.(2013). Population structure of Tribolodon nakamurai inferred from mitochondrial and microsatellite DNA analysis. Symposium on Systematics and Diversity of Fishes, National Museum of Nature and Science, Tokyo.

    Gotoh, R. O., T. Shirakuma and N. Hanzawa.(2013). Population genetic structure of fishes inhabiting marine lakes and lagoon in Palau Islands revealed by mtDNA and CG-SSR markers. Symposium on Systematics and Diversity of Fishes, National Museum of Nature and Science, Tokyo.

    Gotoh, R. O., T. Shirakuma and N. Hanzawa.(2013). Marine Lakes in Palau are "Islands" for marine species. 9th Indo-Pacific Fish Conference, Okinawa Convention Center, Okinawa.

    兼松悠, 川村勇樹, 奥泉和也, 半澤直人, 中内祐二.(2012). 日本産およびパラオ産ミズクラゲ3種間における刺胞形態の比較. 日本動物学会第83回大会. 大阪.

    中村洋輔, 川村勇樹, 奥泉和也, 半澤直人, 中内祐二.(2012) 日本産ミズクラゲ(Aurelia sp.1)上皮筋細胞の構造と収縮制御機構の検討. 日本動物学会第83回大会. 大阪.

    千葉悟, 渋川浩一 ,向井貴彦 ,半澤直人.(2012). ジュズカケハゼ種群の分布. 2012年度日本魚類学会年会. 下関.

    兼松悠, 川村勇樹, 奥泉和也, 半澤直人, 中内祐二.(2012). 日本産およびパラオ産ミズクラゲ3種間における刺胞形態の比較.日本動物学会平成24年度東北支部大会. 山形.

    中村洋輔, 川村勇樹, 奥泉和也, 半澤直人, 中内祐二.(2012). 日本産ミズクラゲ(Aurelia sp.1)上皮細胞の超微細構造と体外Ca2+濃度依存的収縮制御機構の検討.日本動物学会平成24年度東北支部大会. 山形.

    後藤亮太, 河内正行, 荒木康男, 後藤亮, 白熊拓也, 上遠野拓也, 桂和彦, 半澤直人.(2012). ミトコンドリア遺伝子に基づく山形県産イワナSalvelinus leucomaenisの遺伝的集団構造.日本動物学会平成24年度東北支部大会. 山形.

    白熊拓也・後藤亮・井元順一・半澤直人. (2012). パラオ海水湖に生息するテンジクダイ科Apogon lateralisの遺伝的集団構造. 日本動物学会平成24年度東北支部大会. 山形.

    Gotoh, R., Kadono, T., Hasegawa, T., Toyokawa, M.and Hanzawa, N. (2012). Approach to identification of N. nomurai larva from planktonic metagenome using species-specific DNA marker. 9th International Jellyfish Workshop, Okinawa, Japan.

    Gotoh, R., S. Mochizuki, T. Kadono and N. Hanzawa. (2011). Rapid identification of jellyfish species using larval samples. 8th International Jellyfish Workshop. Sanya, China.

    Gotoh, R., S-J. Chang, X. Qu, C. Ito, T. Nishiuchi and N. Hanzawa. (2011). Molecular tools for estimating genetic structure of Nemopilema nomurai populations: mitochondrial DNA and microsatellite markers. 8th International Jellyfish Workshop. Sanya, China.

    千葉 悟, 渋川 浩一, 向井 貴彦, 半澤 直人. (2011). ジュズカケハゼ種群の分布と遺伝的多様性. 2011年度日本魚類学会年会. 弘前.

    後藤 亮, 半澤 直人. (2011). ゲノム情報を用いた汎用的マイクロサテライトマーカーの開発とその利用. 2011年度日本魚類学会年会. 弘前.

    井元 順一, 斉藤 憲治, 佐々木 剛, 足立 淳, Kartavtsev, Yuri P., 宮 正樹, 西田 睦, 半澤 直人. (2011). ミトゲノム解析に基づくコイ科ウグイ亜科魚類の系統地理. 2011年度日本魚類学会年会.弘前.

    広報活動

    やまがた『科学の花咲く』プロジェクト-クラゲの進化講座. 「パラオ海水湖群は進化の実験室!?」講演.2014年7月13日.

    さんま玉緒のお年玉―あんたの夢かなえたろかスペシャル「10年後のクラゲ少年」出演. TBSテレビ放映. 2013年1月13日.

    山形県立楯岡高等学校出前授業.遺伝子で探るクラゲの進化の謎. 2013年2月19日.

    山形県立酒田西高等学校出前授業.理学部・学科紹介―日本の山形から世界へ. 2013年6月13日.

    やまがた『科学の花咲く』プロジェクト-クラゲマイスター養成講座. 「パラオのタコクラゲ・ミズクラゲの形態変化の謎」講演. 山形大学農学部. 2013年7月13日.

    やまがた『科学の花咲く』プロジェクト-クラゲマイスター養成講座. 「ビゼンクラゲ・エチゼンクラゲの謎」講演. 山形大学農学部. 2013年7月13日.

    宮城県立多賀城高等学校模擬授業.理学部・学科紹介―日本の山形から世界へ. 2013年9月2日.

    基調講演「最上川水系の魚類相―固有の絶滅危惧種をどのように後世に残して行くか?」. 美しい山形・最上川フォーラム第9回もがみがわ水環境発表会.2013年11月10日.

    やまがた『科学の花咲く』プロジェクト-クラゲの進化講座.「パラオのタコクラゲ・ミズクラゲの形態変化の謎」講演.2012年7月7日.

    やまがた『科学の花咲く』プロジェクト-クラゲの進化講座.「パラオのタコクラゲ・ミズクラゲの形態変化の謎」講演.2010年7月18日.

    研究費受入

    研究補助金(水産庁):「大型クラゲ国際共同調査-DNA分析による集団構造解析」(2012).

    学術研究助成金(基盤研究C)(学振):「巨大古代湖は最上川水系の魚類のレフュージアだったのか?- 集団解析で探る最上川水系の魚類相」(2012).

    YU-COE(山形大学):「パラオ諸島の生物多様性に関する教育研究拠点形成」.(2012)

    その他

    報告書「Research activities in Palau 2011」パラオ共和国政府へ提出-生物保全のための基礎データ提供.(2012).

    鶴岡市立加茂水族館におけるパラオ産クラゲ類の展示協力.