W

テキスト ボックス: 生殖生物学研究室  @ 山形大学理学部


 


Member                Publication                Photo               Link


 

テキスト ボックス:  動物は、生息場所や生殖様式に関連して、種に特異的な生殖期に固有の環境下で生殖を行い、精子や卵は、生殖期に合わせた調節を受けて産生されて種特異的な環境下で受精します。配偶子形成機構と受精機構がもつ環境や生殖様式に対する柔軟性は、動物が水中や陸上の様々な場所に適応して繁殖することに大きく貢献していますが、その実体はどのようなものなのでしょうか?この問題は、体内受精種であるヒトや一部の哺乳動物が、生殖補助技術や家畜繁殖技術によって体外受精をする今日、大変興味深いものです。私たちは受精機構と配偶子形成調節機構に柔軟性を付与する分子機構の解明を目指して研究を進めています。

両生類の体内受精機構の研究    硬骨魚類の精子形成調節機構の研究

 

 

 

最近のニュース

 

 

筑波大学の千葉親文先生、宇都宮大学の外山史先生たちとの共同研究がScientific Reports誌に掲載されました。

!3th International Symposium of Spermatologyで研究成果を発表しました。

佐藤さんが修士論文で優秀賞を受賞しました。

2回イベリアトゲイモリ研究会で研究成果を発表しました。

弘前大学農学生命科学部第16回研究推進セミナーで研究成果を発表しました。

近君、佐藤さん、遠藤君、高橋さん、高久君の研究成果の論文がMolecular Reproduction & Development誌に受理されました。

第4回国際生殖生物学会で研究成果を発表しました。

第88回日本動物学会で水戸君の研究成果を発表しました。

佐藤さん、横江さん、遠藤君の研究成果の論文がMolecular Reproduction & Development誌に掲載されました。

第3回次世代両生類研究会で研究成果を発表しました。

遠藤君が日本動物学会東北支部会で発表しました。

遠藤君が八丈島でサンプリングを行いました。

佐藤さん、川村さんの研究成果を第50回日本発生生物学会で発表しました。

近くんが修士論文で優秀賞を受賞しました。

佐藤さんが理学部とふすま同窓会共催の、成績優秀な学生に対する海外留学支援を受けて

カリフォルニア大学で共同研究を行いました。

カリフォルニア大学の村田健二先生によるセミナーを行いました。

佐藤さんが22nd International Congress of Zoology、第87回日本動物学会で研究成果を発表しました。

横江さん、斎藤さん、沓澤さん、藤田君の研究が山形大学HPで紹介されました。

横江さん、斎藤さん、沓澤さん、藤田君の研究が山形新聞に掲載されました。

横江さん、斎藤さん、沓澤さん、藤田君の研究成果の論文PLOS ONE誌に掲載されました。

 

 International workshop on developmental and regenerative biology in Yamagata要旨


2018/5
このページに関する問い合わせは watan@sci.kj.yamagata-u.ac.jp ま で