本文へスキップ

Faculty of Science, Earth Sciences Cluster

地球科学クラスター

地球科学クラスターは,過去と現在の地球を理解し,未来を予測するための研究に携わる教員のグループです.


新着情報news

2019年8月29日
常松佳恵准教授の共同研究による論文「連続体モデルTitan2Dを用いた雪崩の運動のシミュレーション」が日本雪氷学会2019年度論文賞に選出されました(日本雪氷学会賞論文賞).
2019年8月27日
鈴木利孝教授の共同研究の成果がプレスリリースされました(南極の海洋生物起源の硫酸塩エアロゾルは氷期に減少していた―南極ドームふじアイスコア分析データの解析から―).
2019年8月19日
研究報告(学会発表等)を更新しました.
2019年7月27日
本山功准教授と大学院博士前期課程1年眞壁豊治さんによる山形県沖の地震に関する調査結果が新聞各社で紹介されました(日本経済新聞(7月25日)山形新聞(7月26日)毎日新聞(7月26日)産経新聞(7月26日)).
柳澤文孝教授の樹氷に関する成果が山形新聞で紹介されました(山形新聞(7月26日)).
2019年7月25日
雪氷研究大会(2019・山形)公開講演会「蔵王の火山・樹氷の歴史と現状」が2019年9月9日に山形テルサにて開催されます(入場無料・事前申込不要)(資料6ページ目のチラシをご覧下さい).
2019年7月25日
柳澤文孝教授の樹氷に関する成果が学長定例記者会見で紹介されました(「蔵王の樹氷(アイスモンスター)に関する新知見〜温暖化要因の分析と飛来物の起源・飛来経路解析〜」).
2019年7月25日
本山功准教授と大学院博士前期課程1年眞壁豊治さんによる山形県沖の地震に関する調査結果が学長定例記者会見で紹介されました(「2019年6月山形県沖地震の被害に関する調査を実施(速報)〜墓石の変位や転倒に着目 局所的な震度の強さを考察〜」).
2019年7月12日
理学部講演会が開催されました.
2019年7月5日
本山功准教授の研究グループによる2019年6月18日に発生した山形県沖の地震に関する調査結果の速報を掲載しました(山形県沖の地震被害に関する調査:特に墓石の変位・転倒について(速報)).
2019年7月1日
研究報告を更新しました.
2019年6月29日
2019年度理学部進路セミナー(地球科学)が開催されました.
2019年5月27日
研究報告を更新しました.
2019年5月10日
研究報告を更新しました.
2019年4月12日
湯口貴史准教授が筆頭著者の共同研究の成果がプレスリリースされました(花崗岩内の物質移動経路に関する新知見〜斜長石の熱水変質で生じる微小孔の役割と物質移動の解明〜).
2019年3月31日
本山功准教授が2018(平成30)年度理学部ベストティーチャー賞を受賞しました.
2019年3月29日
研究報告を更新しました.
2019年3月25日
2018(平成30)年度卒業・修了式および祝賀会が開催されました.
2019年3月16日
中島和夫教授の最終講義「鉱床学とともに43年」が開催されました.
2019年3月6日
研究報告を更新しました.二国間連携プロジェクトミーティングと理学部講演会が開催されました.
2019年2月28日
エチオピア・アファール凹地における磁気異常探査計画に関する研究集会が開催されました.
2019年2月18日
理学部講演会が開催されました.
2019年2月15日
常松佳恵准教授の研究が山形大学のサイトで紹介されました(火山噴火の神秘に魅せられ、メカニズムの解明から防災まで。).
2019年2月7日
柳澤文孝教授の樹氷に関する成果が学長定例記者会見で紹介されました(「蔵王(山形)の樹氷はどのように全国に広まったか〜大正10年代から昭和10年代における文献・鳥瞰図・絵葉書等の資料から〜」).
2019年1月18日
地球科学分野の大学院生が「ちきゅう」の研究航海に観測補助員として参加した際の報告が理学部サイトに掲載されました(「ちきゅう」の研究航海観測補助員としての活動報告).
2019年1月7日
研究報告を更新しました.
2018年12月21日
本山功准教授の研究が山形大学のサイトで紹介されました(ミクロな化石から読み解く温暖化後の地球の姿).
2018年12月18日
2018年度卒業論文発表会が開催されました.
2018年12月11日
理学部講演会が開催されました.
2018年12月12日
湯口貴史講師が筆頭著者の共同研究の成果がプレスリリースされました(結晶質岩(花崗岩)内の割れ目評価のための新知見〜マグマ溜りから深成岩が形成される過程の熱進化モデルの構築〜).
2018年12月12日
研究報告を更新しました.
2018年11月26日
柳澤文孝教授の研究がテレビ放送されました(2018年11月26日NHK山形放送局.ニュースはこちら→70年余前の蔵王山気象記録発見).
2018年11月8日
理学部講演会(講師 村尾智氏)が開催されました.
2018年10月20日
大学院修了生の吉田哲平さんが第30回ティーデマン・ふすま賞を受賞しました.
2018年10月10日
常松佳恵准教授を含む国際共同研究の成果がプレスリリースされました(湖底堆積物から探る富士山の噴火史−本栖湖に残されていた未知の噴火の発見−).
2018年10月2日
研究報告を更新しました.
2018年8月21日
研究報告を更新しました.
2018年8月8日
理学部講演会が2件開催されました.
2018年8月6日
ウェブサーバに不具合が生じたため,地球環境学科ホームページの運用を終了しました.
2018年7月19日
Jordan研究室上里有紀さんの国際珪藻学会でのポスター発表賞受賞が学長定例記者会見で紹介されました(大学院生が国際珪藻学会で学生ポスター発表賞受賞).
2018年7月13日
研究報告を更新しました.
2018年6月4日
研究報告を更新しました.
2018年5月30日
岩石ゼミが開催されました.
2018年5月10日
R.W. Jordan教授の論文が日本経済新聞(北海道・東北)で紹介されました(新種のプランクトン、「ブルー・プラネット」に 山形大).
2018年5月10日
R.W. Jordan教授の論文が学長定例記者会見で紹介されました(新種のプランクトンを発見,「ブルー・プラネット」と命名).
2018年5月10日
柳澤文孝教授の樹氷に関する成果が学長定例記者会見で紹介されました(アイスモンスター(樹氷)(2018年版)のリーフレットが完成しました).
2018年4月18日
研究報告を更新しました.
2018年4月2日
メンバーを更新しました(常松佳恵准教授の着任と長谷見晶子教授の退職).
2018年3月9日
研究報告を更新しました.
2018年1月8日
地球科学クラスターのサイトをオープンしました(「設備・装置」を除く).

スマートフォン版